Saudi Culture Japan
2018/12/19
日本語

在日サウジアラビア王国大使館 文化部
Royal Embassy of Saudi Arabia, Cultural Office, Tokyo,
JAPAN


Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/www2/daigaku/template.php on line 222
 
骨粗鬆症研究に関する研究拠点(Center of Excellence for Osteoporosis Research)


骨粗鬆症研究に関する研究拠点は、ヒジュラ暦1429年7月10日(西暦2008年7月13日)、キング・アブドゥルアジーズ大学に設立されました。

研究拠点のメッセージは、科学発明や多方面での研究分野において世界的に受け入れられた基準の応用・実施に際立つこと、また相互作用によってそれらを完成させ、骨粗鬆処置の診断及び治療に新知識を生み出し、基本的な学術調査の結果を臨床行為へと移行することを容易にし、高等教育レベルの学生達のために教育環境を提供し、その実施訓練プログラムに関心を払うことです。

同様に、研究拠点は、骨粗鬆を理解するための意識を高め、知識を改善し、骨粗鬆にかかる危険性に悩む者から危機的な状況を取り除く役目も担うことになるでしょう。そしてまた研究拠点は、国に定着させ国家的な経験と接触させて促進化を促し、科学的、経済的に開発していくための認識にもとづいたバイオテクノロジーをも含めたテクノロジーや先端治療の移譲、開発、促進を推進しています。

    目標:
  • 様々な学問や学術研究プログラムを通して、根本的で臨床的な研究の統合へと至るような調査及び相互協力の文化を打ち立てていくこと。
  • 学術研究グループや研究チーム、学部、大学、研究センター、専門の研究機関を含めた公共機関の同僚間での協力を通して、相互協力関係を推進していくこと。また加えて、政府系及び民間の様々な異なるセクションやバイオテクノロジー産業部門、民衆をも含めて相互協力関係を推進していくこと。
  • 研究拠点の重要性や研究拠点の活動、研究プログラム、センター職員やアカデミックな学者たちの価値を広めていくために、海外とのコミュニケーションに専念すること。また、海外における他の研究者や協力者、及び研究拠点の支援者達に向けた研究拠点のヴィジョンを普及させていくためにも、海外とのコミュニケーションに専念すること。
  • 保健衛生の改善や、サウジアラビア王国におけるコミュニティー生活の意識教化の調査と学術研究の各種結果の普及を保証するために、新知識を生み出し、技術をあらゆる異なったプログラム、あるいは研究拠点に関するプログラムに移行していくための指導性を具体化すること。
ウェブサイト http://ceor.kau.edu.sa
Contact Us | Help | Privacy Policy | Terms of Use | Site Map |